会長挨拶


2021-22年度
会長
遊道 義則
(ゆうどう よしのり)

 

「奉仕と貢献、感謝と成長」~さらなる発展に向けて~

 

歴史と伝統のある富山西クラブが50周年という一つの節目を迎えました。これも偏に、発足以来我がクラブの運営にご尽力をいただいた先輩方のおかげ、ご支援やご協力をいただいた関係各位のおかげであり、ただただ深く感謝をいたしております。クラブの運営を一年間預からせていただくことに対しまして、やむことのない高揚感と緊張感を覚えております。微力ながら精一杯務めさせていただきます。

さて、本年度RI会長シェカール ・メータ(Shekhar-Mehta)氏は、ロータリーでの奉仕プロジェクトへの参加を通じて自身が人間として成長した経験を踏まえて、「奉仕しよう  みんなの人生を豊かにするために」をテーマに掲げています。「service」という言葉はロータリーにおいても「奉仕」と訳されていますし、それを否定するつもりは毛頭ありませんが、しかし単純に「利害を離れて尽くすこと」だけではなく、「社会の役に立つ」という結果を残してこそのものだと考えるならば、「貢献」という意味合いを忘れてはならないと、私は考えています。クラブが、またロータリアン一人ひとりが常にロータリーの目的を追求することが重要ですし、その際に常に意識すべきは、奉仕の結果として貢献することだと思うのです。世界中がコロナ禍となり混沌とした状況が続いている今こそ、ロータリーが社会に貢献すべき時であると認識をしています。

また、RIにおいても地区においても昨今は盛んに会員の増強を重要な課題として取り上げています。我がクラブにおいてもそのことは一つの課題ではありますが、しかし組織としてのまとまり、会員の個性、クラブ運営などの観点から、「何よりも仲良く、楽しい。出席したくなるクラブであり、その結果として出席率が高いのだ。」ということを、私たちは再認識し、全員で共有しました。これは、繰り返しになりますが先輩方、関係各位のおかげであり、メンバー個々の尽力と相互の協力の賜であり、この素晴らしい伝統を受け継ぎ、さらに60周年、70周年へと引き継いでいくためには、クラブもメンバーも成長し続けることが重要だと考えます。クラブの成長とは何か、メンバーの成長とは何か、本年度はこのことを掘り下げ、富山西クラブの次なるビジョンを掲げ、新たな一歩を踏み出す年にいたします。

奉仕と貢献、感謝と成長。50周年の今年はこれまで以上に、地域社会に奉仕し各自の職業に貢献すること、各自の家族や職場の仲間も含めて関わってくださる全ての方々に感謝する機会と、そのためにもクラブもメンバーも成長する機会を作ること、学びの中にも楽しさが溢れ、興奮の中にも洗練された活動を展開し、これまで以上にわくわくするクラブの運営に努めてまいります。皆様、ご協力を宜しくお願いいたします。