会長挨拶

2019-2020年度 会長 山口 剛 (やまぐち つよし)

「 学ぼう歴史と伝統、語ろう未来を 」

このたび、2019-20年度の富山西ロータリークラブ会長を務めさせていただくことになりました。歴史と伝統の重みに身の引き締まる思いであります。

本年度RI会長マーク.ダニエル.マロニー氏は、ロータリーの礎である「つながり」から、ロータリアンは、様々な社会や自分自身が、持続可能な良い変化を生むために、人々が手を取り合って行動する社会を目指すことを理念として、「ロータリーは世界をつなぐ(ROTARY CONNECTS THE WORLD) 」をテーマとしました。

そして地区ガバナー松本耕作氏は、各クラブが中長期的な戦略計画を策定し、年度目標達成に向けて行動し、クラブ活動が少しでも前進することを願い、「一歩前進しよう(one step ahead)」を活動方針としました。

西クラブとしては、創立50周年という大きな節目を3年後に控えておりますので、これを機にクラブの歴史と伝統を振り返り、会員相互の「つながり」を更に強くして、西クラブに相応しい新たな奉仕活動を考えてまいりたいと思います。

そのうえで、下記の3項目を重点に活動していきたいと考えております。

1.委員会・同好会の更なる活性化

前年度に引き続き、今年も活発な委員会運営をお願いいたします。特に前年度でも実施した2委員会合同開催は、委員会の垣根や世代間を越えて奉仕について考える良い機会となりますので、合同委員会の回数を増やしたいと思います。

また委員会や同好会を活性化することにより、既存会員の退会防止並びに新規会員の情報収集を図ってまいりたいと思います。

2.ロータリー財団寄附金、米山記念奨学金の促進

創立50周年に向かって、一人でも多くの会員が寄附しやすい仕組み作りを検討したいと思います。また、米山記念奨学生のお世話クラブとして積極的に奨学生と関わり、米山記念奨学会の一層の理解促進に繋げていきたいと思います。

3.創立50周年記念事業検討委員会の設置

昨年度クラブフォーラムでのご意見や各委員会からの意見集約と具体的な事業案の選定を進め、次年度には設置される実行準備委員会に引継いでいきたいと思います。

以上、未熟者ではございますが、会員全員が主役で、明るく活気あるクラブ運営を心掛けますので、一年間よろしくお願い申し上げます。